スキンケアおすすめ情報.com

いつまでも若々しい張りのあるきれいな肌をキープしませんか?



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-10-04

アクアプロテオの口コミ

 最近、やっと涼しくなってきましたね。


やはり異常気象のせいでしょうか?


みなさんのお肌は大丈夫でしょうか?


これからの季節は空気がだんだん乾燥してきます。


化粧の乗りが悪かったりしませんか?



そこで紹介するのが

「アクアプロテオ」


いろんな口コミを探してまとめてみました。


1.浸透力が優れていて、乾燥するこれからの時期の活躍に期待!!
2.ベタつきはないのに、肌がモチっとしている。
3.とにかく保湿力がばつぐん


こんなコメントが多く出ていました。

新生肌へと再構築して、上と下から肌を持ち上げてピン肌へと導きます。

化粧水無しでもしっかり潤う保湿力と、すっと肌になじむ浸透力で

忙しい女性をサポートします。



一度使ってみてはいかがですか?







スポンサーサイト
2010-09-30

にきびケアと化粧品

今日はにきび関連情報パート2です。


 日頃から自分に合った基礎化粧品を選ぶことが、

にきびの予防やにきび跡のケアには大切なことです。

そしてにきびが出てしまった時はメイクをしないように

しましょう。

にきび跡のケアに関係してくることとして、洗顔も自分に

あった洗顔料を用いて行い、適切な肌のケアをすることが

重要です。

にきび跡を改善するためには、化粧品はメイク用のものは

適しません。とくに毛穴を塞ぐファンデーションはにきびを

悪化させる要因となりますので、肌には良いものではありません。

にきび跡は、ごしごし摩擦したり、刺激の強い化粧品を使うと

さらに濃くなる可能性があります。また、にきびがある時は肌が

敏感なので、肌に負担となるものや刺激の強い化粧品の使用は

控えるようにしましょう。


クレンジングで化粧品を落とす時は、油分が少なく刺激の少ない

ものを選ぶ必要があります。油の落ちがよいからとオイルクレン

ジングを使う人がいます。にきび跡には、成分に油分が含まれて

いるオイルクレンジングは毛穴に残ることがありますので避けた

いものです。クレンジングには、オイルフリーの流せるタイプの

クレンジングか肌への刺激が少なくお勧めです。さらに化粧品を

完全に汚れを落としきれるものではないので、拭き取りタイプの

クレンジングはにきび跡にいいとはいえないでしょう。

 また防腐剤や防カビ剤が含まれているので注意が必要です。

化粧品は自分の肌に適したものを選択するということがにきびの

ケアには大切なことだといえるでしょう。



こんな感じですがいかがでしょうか?


肌をきれいに保つのは大変ですよね!!

2010-09-27

せっかくなので・・・。

過去に一回だけのにきびとは・・・。


それはにきびに近い吹き出物でした。


今まで一度も出たことが無かったので

日に日にひどくなっていきました。


ちょうどあごの部分でした。


仕事をしていても顔を上げられず、周りからは変に思われて

いました。


なかなか治らず医者に行くとバイ菌が・・・。


なんと薬をもらうと  


あら不思議・・・  すぐに治ってしまいました。


悩んでいたのが馬鹿らしいくらいに治っちゃいました。



私の場合はにきびや吹き出物は出にくく治りやすい

肌ですが、なかなか治りにくい人もたくさんいるのでは

ないでしょうか?



ケアをしっかりしないといけない人のための

化粧品を探しました。


この商品はいかがですか?







2010-09-27

うちの娘にも・・・。

 小学六年生の娘にもにきびが出てきました。


幸い私自身はにきびが出たことがありません。

吹き出物ができてもつぶしちゃってました(*^_^*)。

すぐに治っていました。


ちょうど娘もだんだんとにきびが出てくる歳になったと

いうことでしょうか?


今となったら私自身は脂性でもないし、だんだん歳をとってきて

カスカスでにきびなんかできません。


ただ過去に一度だけ出たことがあるんですよ・・・。


その時のことは今でも忘れません。



詳細は次回と言うことで・・・。

2010-09-26

にきびのケアについて

 今日はにきびのケアについてです。

にきびができると発疹ができ、同時に炎症を起こします。

同じにきびの症状でも、いろんな症状があり、思春期以降にできるにきびは吹き出物と

呼ばれています。

主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因

にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。

にきびのできやすさは体質によって個人差があり、皮脂腺の活発な人は症状が特に出やすく

にきびのケアが必要です。特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋

には、にきび対策をしっかりしておきましょう。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は

特ににきびができますが、これは成長するにしたがって消えていきます。大人になってでき

るにきびは、ストレスや生活の乱れ、それから乾燥でも起こります。その他に、便秘によっ

て体内に溜まった毒素が体の表面に回り、それがにきびになることもあります。顔にいる

ダニが原因でにきびができるという話もありますが、にきびのケアを誤らなければ顔ダニは

多くの人には無害で、余計な皮脂を食べてくれている効果もあります。にきびができた後の

ケアも大切で、それが正しく行われていないと、悪化してしまったりにきび跡を作ってしま

ったりします。

間違ったにきびケアを続けていると、色素沈着を起こしたり、クレーターができたりします。

正しい方法で肌を手入れし、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康で

にきびもできないでしょう。


いかがでしたか?

にきびも対策を間違えると治るものも治らなくなります。


みなさん、気をつけましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。